アイ波動経済研究所 株式投資講座

株式投資の講座なら、波動法による株式情報サイト アイ波動経済研究所 株式投資講座

個別銘柄の予測値 達成回数 313 回・損切り回数 3 回(2014年01月01日~2014年10月26日)

当ホームページが、スマートフォン対応になりました。

購読会員ページの購読料(会費)

お支払いは、クレジットカード決済・銀行ネット決済・ATM振込がご利用頂けます。

1ヶ月 8,600円(税込)
3ヶ月 25,100円(税込)
6ヶ月 49,100円(税込)
1年間 93,200円(税込)
  • アイ波動経済研究所の波動図は一般的なテクニカル分析に加え、計算方法や定義 規定)を精査した独自の方法で株価を予測し、株式投資において個人投資家が考えなければならない原則に基づき作成しております。
  • 「株式投資講座」に掲載している波動図等の著作権は(株)アイ波動経済研究所に属します。
  • 「株式投資講座」は証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願い致します。

本日のコメント付銘柄更新日:2014年09月16日

9984 ソフトバンク 4651 サニックス 6624 田淵電機 6807 日本航空電子工業
1805 飛島建設 1815 鉄建建設 1822 大豊建設 2432 DENA
4901 富士フイルムHD 4751 サイバーA 5809 タツタ電線 5423 東京製鐵
5541 大平洋金属 6594 日本電産 6724 セイコーエプソン 6762 TDK
6723 ルネサス 7735 スクリーン 7752 リコー 8508 Jトラスト
8515 アイフル 8572 アコム 8595 ジャフコ 2121 ミクシィ
4564 オンコ 6445 蛇の目ミシン 9419 ワイヤレス 8316 三井住友FG
8601 大和証券      
今日の重要コメント

アイ波動の独自定義

金融商品取引法に基づく広告表記

◎株式会社アイ波動経済研究所
◎当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です 
◎登録番号 近畿財務局長(金商)第366号 

報酬体系

1ヶ月 8,600円
3ヶ月 25,100円
6ヶ月 49,100円
 1年 93,200円
※全て消費税込み
※入会金および成功報酬はございません。

上場有価証券等(現物取引の場合)

◆上場有価証券等の売買等にあっては、株式相場・金利水準・為替相場・不動産相場・商品相場等の変動や、投資信託・投資証券・預託証券・受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式・債券・投資信託・不動産・商品等(以下「裏付け資産」といいます。)の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じることがあり、場合によってはその全額を失うことがあります。
◆上場有価証券等の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた際や、裏付け資産の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた際に、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じることがあり、場合によってはその全額を失うことがあります。
◆上場有価証券等のうち、他の種類株式・社債・新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件又は権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動、当該財産の発行者の業務あるいは財産の状況の変化に伴い、上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生じる場合があります。
◆新株予約権、取得請求権等が付された上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご注意ください。信用取引(上場有価証券等に限る)
◆信用取引を行うにあたっては、株式相場・為替相場・不動産相場・商品相場等の変動や、裏付け資産の価格や評価額の変動に伴い、信用取引の対象となっている上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じたり、あるいはその損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
◆信用取引の対象となっている上場有価証券等の発行者又は保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者又は保証会社等の業務や財産の状況の変化が生じた場合、信用取引の対象となっている上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生じる場合があります。またその損失の額が、差し入れた委託保証金の額を上回ることがあります。
◆信用取引により売買した上場有価証券等のその後の値動きにより計算上の損失(評価損)が生じたり、代用有価証券の価格が値下がりすること等によって、お客様が信用取引口座を開設し取引される証券会社等(以下「取引証券会社等」といいます。)があらかじめ定めている委託保証金の維持率を下回った場合は、その不足額を取引証券会社等に差し入れる必要があります。
◆取引証券会社等が指定した期日までに不足額を差し入れない場合や、取引証券会社等の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、計算上の損失が生じている状態で建玉の一部又は全部を決済される場合があります。この場合、その決済で生じた実現損失について責任を負うことになります。
◆信用取引の利用が過度であると金融商品取引所または取引証券会社等が認める場合には、委託保証率の引上げ、信用取引の制限または禁止の措置等が取られることがあります。

指数先物取引

◆指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失が生じる場合があります。また、指数先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性を有しています。したがって、指数先物取引にあっては、以下の内容を十分に把握する必要があります。
◆市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、短期間のうちに証拠金の大部分又はその全てを失うこともあります。また、その損失は証拠金の額だけに限定されません。
◆指数先物の相場の変動により証拠金の額に不足額が発生したときは、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。
◆所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、取引証券会社等が定める約諾書等によりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、計算上の損失が生じている状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。この場合、その決済で生じた損失について責任を負うことになります。
◆金融商品取引所は、取引に異常が生じた場合又はそのおそれがある場合や、金融商品取引清算機関の決済リスク管理の観点から必要と認められる場合には、証拠金額の引上げ等の規制措置を取ることがあります。そのため、証拠金の追加差入れ又は追加預託等が必要となる場合があります。
◆市場の状況によっては、意図したとおりの取引ができないこともあります。例えば、市場価格が制限値幅に達したような場合、転売又は買戻しによる決済を希望しても、それができない場合があります。
◆市場の状況によっては、金融商品取引所が制限値幅を拡大することがあります。その場合、1日の損失が予想を上回ることもあります。 

◎当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会に加入しております。